映画鑑賞日記(願望)

幕ときどき板的日記。
指輪(含原作)とか映画とかDVDの感想とか…
(そんなこと書きつつ感想アップが滞りまくり…)
主観的な意見をつらつらと。
時期的にそろそろ仕事がキツくなってきて映画もDVDもなかなかみられません(泣)
でもみたいのはいっぱいある…(汗)

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.06.09 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2005.09.12 Monday

チャタレイ夫人の告白

チャタレイ夫人の告白
チャタレイ夫人の告白
エレーヌ ファインスタイン, Elaine Feinstein, 伊藤 礼


図書館で「〜恋人」とセットで借りてきました。
みつけたのは偶然なんですが、存在そのものは知っていたようです。現物をみて思い出しました。
(本当は別の本を探していたのですよ。みつからなかったけど)
オペラ座〜における「ファントム」的スタンス作品?(笑)
いや、原作者著作物じゃないからさ。

愛の逃避行のその後のようです。話的に。
借りる際にあらすじしか(あとはたまたま開いたページをちょっとだけみたくらい)チェックしてませんので詳細は把握してません。
ハッピーエンドのその後…読む前から苦難の連続なのが想像できそうです。

しかし、現在図書館で借りすぎてちょっとあぷあぷしてます。
上限まではいってないけど17冊かな? 借りすぎた…。
しかもほとんど時代物。貸出期限の迫っているものから手をつけることにしたのでとりあえすこれら2冊は後回しです。
今日は推理もの2冊。

2005.09.11 Sunday

チャタレイ夫人の恋人

チャタレイ夫人の恋人
チャタレイ夫人の恋人
D.H. ロレンス, David Herbert Richards Lawrence, 伊藤 整, 伊藤 礼

先日みた豆氏主演のDVDの影響で読んでみたくなった原作。
とりあえず先日図書館で取り寄せてもらったものを引き取ってきたのですが未読。
例によって通勤読書ですな。

『真珠の耳飾りの少女』同様、映画版では省略された部分とか説明がないとわからない部分も知りたいので。(階級社会についてとかさ〜←多少知ってるくらいじゃ理解しきれん)
そういう意味ではアイル・ビー・ゼアも同じなんですけどね…(スコットランの歴史とかウェールズ人の気質とか…)

2005.09.05 Monday

チャタレイ夫人の恋人

今日(もう昨日か)近所の図書館へ行ったついてに調べてみたら、自館の蔵書ではなかったので取り寄せの手続きをしてきました。
さすがに新顔の若い司書君に手続きしてもらうのは気がひけたのですが、タイミングよく隣の受付窓口をあけてくれたので司書のおいちゃんにお願いすることができました(笑)
(↑週末の決まった自館に顔出しをするので一部の職員の人とは顔なじみ状態)

トムとトーマスで豆氏をみたせいか、豆氏絡みで読みたくなった。
アンナ・カレーニナの方はビデオをまだみてないので(みたくなると貸し出し中でね…)また今度。

2005.07.08 Friday

こっそりと


お盆の海っぺりの某所用に試写会レポ本の作成を検討中。
試写会なんかそう行かれるものではないので、たまにはいいかな〜と。

無事出たら2日目に委託という形で置いてもらうような感じ。

ブログだと文字オンリーなので、絵とかも入れられたらいいなぁとかアレコレ考えていますが実現できるかは謎。

2005.07.06 Wednesday

映画☆

映画☆の表紙がじぇらるど・ばとらー氏ですね。
衣装の白シャツ+黒パンツは何となくファントムを連想。(おそらく狙ってるんでしょうが)
しかし思うのですが、Dearふらんきー、じぇらるどさんガラ悪くないですか?
とりあえず、書店で映画☆パラ読みしてどんな筋か判明したんですが、どうみてもガラ悪い印象を受けるんですけど…。(話的にはいい人っぽいんですけど)そう感じるのは私だけなのか…?
あの髪型も一因じゃないだろか…。
だけどあらすじみた感じでは観に行っておきたいです。ガラ悪そうだけど(しつこい)
毎日通勤電車の中から映画館が見えるので、終わってしまう前に是非。


しっかしオレンジの法被がなんでそんなに似合うかな!?(笑)
(来日時、映画絡みで某郵便局で親善大使とかそんな感じのものを引き受けたらしいのですが。何で〒絡みのイベント事で法被…? 詳しくは映画☆参照)
来日時、自分のプロモーションよりも他の映画のプレミアに出没したことが話題になっていた様ですがちゃんと仕事もしてたのね(笑)←ひどい

ここしばらく買ってなかったのですが、久しぶりに購入を検討中ですよ。

2005.03.27 Sunday

同じくぴあから

幕でも板でもないですが気になったというか目についたのでこんなネタ。
(ホントは紙媒体なのですがモブログなのでジャンル設定ができん)
今度のSUMMER SONICにOASISが出演するらしいです。
まともな写真をみたのは数年ぶりですが(5年以上かな?)相変わらず悪人面…。
まあ去年公開された『リヴ・フォーエバー』のデーモン・アルバーン(ブラー)ほどのインパクトはないですが。(昔との落差を考えたらそらな…)


2005.03.27 Sunday

みたい映画

がぼちぼち公開予定だったり公開中だったり。
基本的に世評に躍らされるのが我慢できない性格なので、雑誌や情報誌はストーリーを参照する程度で前評判は無視。
(だからうびわにはまったのがこないに遅かったんですが)
結構侮れないのは劇場版の予告編。これのおかげであたりを引き当てる率が高いかな。
感性やツボなんてものは人それぞれなんだから、躍らされて損したと思うよりも、自分の勘を信じた方がいいと思うんですが。
世間でそう思う人は少ないのかな…。

以上、某所で暇潰しにぴあを眺めていて何となく思ったことでした。


2005.03.27 Sunday

SEVEN ROOMS

乙一の短編集が映画化されたそうで。
たまたまぴあをチェックしていて知ったのですが、この内の一つ『SEVEN ROOMS』だけは原作を読んだことがあるのです。
角川のミステリーだかホラーだかのアンソロで読んだのですが、すんごい恐かったです。
後味悪い系ダメだし、痛そうなのも避けたい人種なんですよね。私。
文字から想像するのと映像でみるのとではどう違うのか不明ではありますが、少なくとも私はご遠慮申し上げたいです(脂汗)


2005.02.27 Sunday

表紙絵

少し前の話になりますが、オペラ座の怪人が“ぴあ”の表紙絵になりましたね。
で、つい先日まで全然目を通していなかったのですが、現在部屋の目につく所に置いてありまして。そんな理由から今更ながら表紙を眺めていて気付いたのですが、クリスティーヌがどう見ても私の目にはうつみ美登里(字が違うかも)に見えて仕方がないんですが…(汗)
よくよく考えてみると、『系統的には同じなんじゃぁ…』という、とてつもなく恐ろしい考えに到達したのですが…(滝汗)

もちろん同系統とはいっても同じという訳ではないですけど!(アタリマエ)

どうですか!? あきらさん、岡部様っ!!!(汗)


2004.12.02 Thursday

映画☆

ずっと後回しになってた映画☆を購入。
買う気はあったんですよ。精神的に余裕がなかっただけで。
何よりもはよ買わんと次号出ちゃうし。
まあ、まだぴあは買えませんけどね!(ちょっと惹かれる特集があったので迷いましたが)
映画よりもたまった未開封のDVD&CDをどうにかせんとまんま年越しちゃうがな!(その可能性むちゃくちゃ高いのでシャレにならん)


▲top